保湿で肌トラブルを改善【スキンケアで大切なのは化粧水選び】

3種類あるヒアルロン酸

ウーマン

肌表面がたっぷり潤う

保湿効果の高い化粧水の多くに配合されているのが、ヒアルロン酸です。今や保湿成分の代名詞となっているヒアルロン酸は、実は3種類あることはご存知でしょうか。3種類の中から自分に合ったものを選ばないと、ヒアルロン酸のせっかくの効果を実感することができません。3種類のそれぞれの特徴を知り、自分に合った化粧水を選ぶようにしましょう。1つ目の種類のヒアルロン酸が、一般的なヒアルロン酸です。分子量が非常に高い性質があり、肌には浸透しません。ヒアルロン酸は角質層を潤わせるのではなく、肌表面の保湿をしてくれる成分です。1gで6Lもの水分を抱えることができるため、肌表面が非常に潤う特徴があります。真皮層を潤わせるセラミドなどが配合された美容液を使用されている方は、一般的なヒアルロン酸が配合された化粧水がおすすめです。

ベタつかないヒアルロン酸

ヒアルロン酸の2つ目の種類が、加水分解ヒアルロン酸です。一般的なヒアルロン酸を分解した加水分解ヒアルロン酸は、分子量が小さい特徴があります。そのため、一般的なヒアルロン酸は肌に浸透しませんが、加水分解ヒアルロン酸は肌に浸透していきます。この加水分解ヒアルロン酸は、他に美容液などを使用されていない方におすすめです。加水分解ヒアルロン酸で、肌の内部も肌の表面も同時に潤わせることができます。3つ目の種類が、アセチルヒアルロン酸です。一般的なヒアルロン酸の吸着力をさらに高めたのが、アセチルヒアルロン酸です。分子量は一般的なヒアルロン酸と同じであるため、肌には浸透しません。肌表面に潤いを与えてくれるほか、サラッとした肌触りである特徴があります。一般的なヒアルロン酸を使用すると肌がベタつくと感じる方は、アセチルヒアルロン酸がおすすめです。保湿効果の高いヒアルロン酸化粧水は、この3種類に分類することができます。自分に合ったヒアルロン酸化粧水を使用し、肌にたっぷりの潤いを与えましょう。

ゆずの種でスキンケア

クリームと化粧水

乾燥した季節は肌を保湿させるためにスキンケアは念入りに行ないます。その乾燥した肌に良い効果を出すのがゆずの種で、ゆずの種と焼酎を使って保湿力の強い化粧水を作ることができます。出来上がるとゲルのような触感となります。

More Detail

ワセリンで小鼻の毛穴ケア

鏡を見る女性

小鼻の毛穴の汚れをワセリンで取り除くことができるようになります。ワセリンは保湿効果もあるため毛穴の汚れを取った後は化粧水をつけることで毛穴を小さくさせることができ、潤いを閉じ込めるための保湿クリームとしてまたワセリンを使うのも良い方法です。

More Detail

肌に潤いを与えよう

女の人

洗顔後は化粧水をたっぷり使って保湿しましょう。自分の肌に合っているものを使うことがポイントです。なるべく肌に刺激となるパラベンやアルコールなどが入っていないことを確かめてから保湿したほうが肌トラブルを起こさなくて済みます。

More Detail