保湿で肌トラブルを改善【スキンケアで大切なのは化粧水選び】

ワセリンで小鼻の毛穴ケア

鏡を見る女性

毛穴ケアができる

ワセリンは保湿クリームとして使う人が多くいますが、ちょっと使い方を変えてみると毛穴パックとして使用することができます。ワセリンには毛穴に詰まった古い角質を柔らかくする効果があり、そのうえ肌を保湿してくれます。毛穴の汚れを取り除いた後は毛穴の開きを小さくしてくれるのです。使い方は簡単で、小鼻にワセリンをつけ、その肌のうえにラップをつけます。ラップをつけた鼻に蒸しタオルをしばらくあてるのです。そうすることで毛穴の中の角質は柔らかくなっていきます。毛穴に詰まった汚れは古い角質が溜まってしまったもので、溜まりすぎてしまうと固くなっていきます。固くなると洗顔ではなかなか取れにくくなるため、ワセリンは良い角質緩和剤となるのです。

ワセリンはとても便利

ワセリンで柔らかくなった毛穴の汚れを、その後ラップを剥がして洗顔することで洗い落とすことができるようになるのです。すぐにすべての毛穴の汚れを取り除けるというわけではないのですが、毎日続けることで効果を発揮させることができるのです。洗顔後はしっかりと化粧水をつけなければ、毛穴はまた開いてしまいます。化粧水の潤いから毛穴をさらに引き締められるので、毛穴ケアの後の化粧水は絶対です。たっぷりと化粧水をつけて潤いを与え、そして保湿クリームでケアします。保湿用の化粧水を使う時には、肌にしっかりと浸透するまで、時間をかける必要があります。コットンやハンドプレスを活用して、肌の深部まで水分を浸透させましょう。その上で、保湿クリームの油分で蓋をすることで、肌の水分が蒸発しないようできます。潤った肌は、人を若々しく見せてくれます。若々しさを保つためにも、日々の保湿ケアに気を配りましょう。